sangak’s diary

寿栄小学校の女子児童死亡事故は、高槻市職員の職務怠慢が原因だった?

ドロボー公務員 (ベスト新書)

ブロック塀倒壊 危険性指摘も安全と判断 高槻市教委(NHK NEWS WEB)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011490581000.html

今月18日の地震震度6弱の揺れを観測した大阪 高槻市では、寿栄小学校のブロック塀が倒壊し、下敷きになった小学4年生の女子児童が死亡しました。

小学校の校長は、21日夜、3年前に外部の専門家からブロック塀の危険性を指摘されたため、市の教育委員会に調査を依頼し、安全だという回答を受けていたと説明していました。

これを受けて高槻市教育委員会は22日午前、記者会見を開き、おととし2月教育委員会の職員が目視のほか、「打診棒」と呼ばれる棒でたたいて音を聞くことでブロック塀の劣化の程度を調べ、問題がないと判断していたことを明らかにしました。

この職員は、建築士の資格は持っていませんが建築専門の職員として採用されていて、ひび割れや傾きなどがなかったため、安全だと判断したということです。
(以上、記事より抜粋)

 

専門家から注意を受けたにも関わらず、その危険性を見過ごした学校関係者や市の職員には、業務上過失致死傷罪には該当しないのでしょうか? とくに専門の知識も資格もないのに、素人判断で問題ないとした職員の罪は重いと感じるのは素人発想ですか?

 

専門家の指摘を無視した学校関係者の罪は重いですが、国民の安全に関して公的な許可を下す職員が、このようないい加減な仕事をするようでは、日本という国全体の安全が保たれないでしょう。

 

これは、該当の職員とその上司ふくめて重罪を課し、もって一罰百戒とすべきなのではありませんか? 市の関係者が無罪あるいは微罪で済まされるとしたら、彼らは反省することなく、今後も同じことが何回も何十回も繰り返され、そのために幼い子供たちが何十人、何百人と犠牲になることになるわけです。